Browsed by
日別: 2017年4月15日

ビジネス英会話 ビジネスでのランチ

ビジネス英会話 ビジネスでのランチ

今回はビジネスでランチミーティングなどを行うときに会話例をご紹介します。

たとえば、多くの場合比較を行うことがあります。
○○より良い、××よりおいしいなど比較は比較的良く使い表現です。
基本
同格を用いた表現の基礎について解説していきます。

同格を表す形はas ~ as … で、
意味は「…と同じくらい~」となります。

例えば、「武は、健と同じくらい背が高い。」
という文は以下のようになります。

Takeshi is as tall as Ken.

まず、以下の「武は、背が高い。」という文を
ベースに同格を表すas ~ asで形容詞tallを挟みます。

Takeshi is as tall as

そして、2つ目のasの後ろに比較している対象であるKenを置けば、
Takeshi is as tall as Ken.という同格を表す文になります。

同格を表すas ~ asの~の部分に
置かれる形容詞や副詞は必ず原形です。

次に、副詞を用いた同格の文を作ってみましょう。

I can run fast.
「私は、速く走ることができる。」
などとなります。
ビジネス会話では以下のようなものがあります。

■比較検討するときの表現
(1)形容詞を使う
ABC restaurant is more formal than DEF Café.
ABCレストランはDEFカフェよりフォーマルです。
ABC restaurant is as crowded as DEF Café, but it isn’t as noisy.
ABCレストランもDEFカフェも同じくらいの込み具合ですが、ABCのほうが騒がしくありません。
(2)副詞を使う
You can get a table more easily at DEF Café than at ABC restaurant.
ABCレストランよりDEFカフェの方が予約なしでも席を確保しやすいです。
(3)可算名詞を使う
DEF Café has more tables than ABC restaurant.
ABCレストランよりDEFカフェのほうが席がたくさんあります。
ABC restaurant has fewer desserts than DEF Café.
ABCレストランよりDEFカフェの方がデザートが少ないです。
(4)不可算名詞を使う
ABC restaurant has more space than DEF Café.
ABCレストランはDEFカフェより空間が広いです。
At DEF Café, you’ll be served in less time than at ABC restaurant.
ABCレストランよりDEFカフェの方が早く料理がきます。