商談の予約

商談の予約

商談の予約をするには次のような使い方があります。

商談で使える英会話として、別テーマ「商談での基本英会話」にて基本的な英会話を覚えました。
今回は、もう少し掘り下げて「アポイントから面談」に至るまでに使える英会話を覚えましょう!

まずは、アポイントです。
今は、仕事に電子メール(E-mail)を使用しますが、商談のアポイントを取る場合には、最初はきちんと電話でアポイントを取りましょう。
電話をかける際の基本英会話は、別テーマ「電話で使える英会話(ビジネス用)『電話をかける』」にて覚えましたが
This is Taro Yamada of the ABC Company.(ABC社の山田太郎です。)
I’m Taro Yamada of the ABC Company from Tokyo.
(東京のABC社の山田太郎です。)
と、会社名・自分のフルネームで伝えましょう
そして、アポイントの日時を提示する際は、
Can I see you tomorrow?(明日、お会い出来ますか?)
I want to see you after tomorrow.(明後日、お会いしたいです。)
May I see you at 10 o’clock tomorrow morning?
(明朝10時にお会いしたいのですが。)
I would like to see you next week?(来週、お時間を作っていただけますか?)
と、相手の方に伝えます。

無事にアポイントが取れたら、商談相手の会社へ訪問します。
相手の方の会社の受付にて
I want to see Mr. Suzuki.(鈴木さんにお会いしたいです。)
Can I see Mr. Suzuki?(鈴木さんをお願いします。)
May I meet Mr. Suzuki?(鈴木さんにお会いしたいのですが。)
I would like to meet Mr. Suzuki.(鈴木さんにお目にかかりたいのですが。)
と、伝えます。

さて、無事に面談相手の方に会えましたら、最初に挨拶を交わし合います。
Ho do you do, Mr Suzuki? I’m very glad to meet you.
(はじめまして、鈴木さん。どうぞ、よろしくお願いします。)
日本のビジネスマンなら必需品の名刺ですが、近年は、海外のビジネスマンも名刺交換をよく行われているそうです。
相手の方の名刺の有無に関わらず、自己紹介をする際に自分の名刺を
Let me give you my card.(私の名刺です。どうぞ。)
と、差し出すと良いでしょう。

また、相手の方は、面談の為にわざわざ時間を割いてくださっています。
Thank you for sparing the time for me.
(お時間を割いてくださって、ありがとうございます。)
Thank you for taking the time to meet me.
(お時間を作ってくださって、ありがとうございます。)
と、相手の方への感謝の言葉を忘れずに!


One thought on “商談の予約

  1. Everything composed was very logical. However, what about this?
    suppose you added a little content? I mean, I don’t wish to tell you how to run your
    blog, but suppose you added a post title that makes people want more?

    I mean 商談の予約 – 一夜漬けの英会話特訓 is a little vanilla.
    You could glance at Yahoo’s front page and see how
    they create news headlines to get viewers interested.
    You might try adding a video or a related pic
    or two to get readers excited about everything’ve written. In my opinion,
    it would bring your blog a little bit more interesting.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。